バトルス(BATTLES)が4年ぶりの来日

BATTLES JAPAN
バトルス(BATTLES)
2015年11月25日
会場:EX THEATER ROPPONGI
チケットは売り切れ。

Twitterでリハーサル風景をチェックしながら六本木へ向かった。

バトルスといえばこのドラムセット。シンバルが高い高い。


こりゃあ、Yabbaすぎるぜ…。思わずオヤジギャグをつぶやく僕。

開演30分ほど前に会場へ到着

物販が超行列。ドリンクコーナーも超行列。ゲストアクト ZZZ’sの出番を待つ。19時ちょうどにZZZ’s登場。ガールズ3ピース。轟音、轟音、轟音であった。
40分ほどでセットチェンジ。この間にドリンクカウンターへ。飲んだのはレッドブルウォッカ。

20:00ちょうどにバトルス登場

まずはデイヴ(ギター/ベース)がひとりで登場。ギターから出る音をループアンプでつないでゆく。しばらくしてイアン(ギター/キーボード)とジョン(ドラム)が登場。1曲めは「Dot Com」。音響は悪くない。バンドのコンディションも良好のようだ。会場の空気が熱を帯びる。2曲めは「Ice Cream」。生演奏。ループされたフレーズ。MacからのDAWネタ。このみっつのリンクが見事すぎる。セットリストを暗記する気はとうに失せ、彼らの繰り出す音に身を委ねる。

メンバー3人ともすばらしいプレイヤーなのは間違いないが、特筆すべきはやはりジョンのドラミングだろう。体格の良さを活かしたパワルフルな音。集中力。ただ叩きまきるのではなく、隙間を作る妙も忘れていない。とにかく尋常じゃないのである。とにかくYabbaすぎるのである。
「Atlas」を終えたところでメンバーたちはいったん後ろへ下がるが、すぐにステージに戻ってくる。アンコールは「The Yabba」の1曲のみ。全編約70分と短くはあったが、非常に完成度の高いセットであった。飽きる前に終わらすのが、かえって吉なのかもしれない。

音源もかっこいいが、やはり彼らの醍醐味はライブだと改めて感じた。次の来日がいつになるか。気になってしかたない。

関連記事
【香港フェス】Clockenflap2015 最終日レポ(その2)香港でもYabbaすぎるバトルス