2015年11月29日 香港

香港フェスもいよいよ最終日。
香港島をぶらぶら散策したあと、15:40ごろ会場に到着。

SHUGO TOKUMARU(トクマルシューゴ) @ ATUM STAGE

image
トクマルシューゴは後半約20分ほど観ることができた。
さすがはフェス慣れしているアーティスト。アウェイな海外フェスでもいい演奏をしていた。ただ残念なのが、PAがこもった音を出していたことだ。彼の持ち味であるキラキラ音がいまひとつであった…。


BO NINGEN @ YOUR MUM STAGE

Here we come Hong Kong! @clockenflap on stage at 5pm 🇨🇳

Bo Ningenさん(@yuki_tsujii_)が投稿した写真 -

英国で活動中の日本人4人組バンド、BO NINGEN。
ボーカル兼ベース、ギタリストふたり、そしてドラムというメンバー。
image
リズムはパンク、ギターはサイケデリックといったところか。かな〜りドロンドロンした音を出しまくっていた。ボーカルは呪術者のごとく手を振りながら歌い、ときおりベースをボンボン鳴らす。
彼らは2016年1月に日本ツアーが決定している。注目だ。

キアスモスをがっつり楽しみたかったので、序盤2曲のみを楽しんで移動した。観たいアーティストがかぶると、これをやらざるを得ない…。フェスの掟である。


KIASMOS @ ELECTRIQ

アイスランド出身のエレクトロドュオ、キアスモス。
ELECTRIQは巨大のタープの下にDJブースが設置してある。僕はタープ脇に陣取り、ビールをぐびぐびやりながら楽しませてもらった。
image
低音がズンズンくる四つ打ちのリズム。上ものはピアノやきれいめなシンセ音が中心。かなり好みの音であった。最高。
image
終演のころには、すっかり暗くなっていた。

香港観光も楽しんだようで(笑)。


NEON INDIAN @ ATUM STAGE

米国出身、Alan Palomo(アラン・パロモ)のプロジェクト。

Neon Indian@Atum Stage #Clockenflap2015 Photo by @somerleyha

clockenflapさん(@clockenflap)が投稿した写真 -

後方で座りながらゆっくり楽しんだ。マイケル・ジャクソンが好きなんだろうなあという印象。なかなか良かったです。彼らは香港フェスのあと、東京と大阪でライブをやった。
image


次回はバトルスのレポです。

Clockenflap2015開催概要

日程:2015年11月27日(金)〜11月29日(日)
会場:西九文化區(West Kowloon Culrtural District)
公式Web:clockenflap.com