ANGEL HAZE @ YOUR MUM STAGE

エンジェル・ヘイズ
1992年生まれ 米国デトロイト出身
ラッパーである。今年23歳。

デトロイトといえば、イギー・ポップ、エミネム、ホワイト・ストライプスなど個性派アーティストがたくさん世に出ていますよね。彼女のことは、このフェスで初めて知りました。

彼女もパンチの効いたパフォーマンスをかましていた。1MC1DJ。ベース音がブンブン唸る。本人は何人ものオーディエンスをステージへ呼び出し、一緒にスマホで撮るなどサービス精神旺盛。
YOUR MUM STAGE
「アウ〜!」と叫ぶ曲が良かったなあ。曲名がわからないので、見つけたら改めて更新したいと思います。


THE LIBERTINES @ HARBOURFLAP STAGE

この日のヘッドライナーはリバティーンズ。彼らは2004年のフジロックでチラッと見たきりであった。その時はボーカル兼ギターのピートが実質脱退状態で、彼なしのパフォーマンスであった…。
2000年代前半は、ガレージロックが大人気であった。僕はそのころホワイト・ストライプスに夢中であったが、リバティーンズの人気もかなりのもであった。

ステージにメンバーが現れると、大歓声があがる。

The Libertines@Harbourflap Stage #Clockenflap2015 Photo by @somerleyha

clockenflapさん(@clockenflap)が投稿した写真 -

ピートとカール。このふたりが1本でマイクで歌うシーンは本当にかっこいい。リバティーンズ魅力は様々あるだろうが、やはりピートの荒削りながらも繊細なハラハラさせられ目が離せなくなるこのパフォーマンスだなあと感じた。
終盤にはピートがギターをフロアに向けてぶん投げた!
同じ時間に別のステージでのA$AP ROCKYとMERCURY REVは見逃してしまったが、リバティーンズを90分ガッツリ楽しめたから、後悔なし。


こうして二日めが終了。帰り道が大混雑であった…。

最終日に続く

Clockenflap2015開催概要

日程:2015年11月27日(金)〜11月29日(日)
会場:西九文化區(West Kowloon Culrtural District)
公式Web:clockenflap.com