取材時期:2015年11月下旬

PMQ 元創方とは

2014年、香港の中環(セントラル)にオープンした複合施設。

もともとは中央書院という学校であった(場所は歌賦街(Gough Street))。1884年に孫文(孫中山)がこの学校で学んだそうだ。その後、中央書院は1889年に鴨巴街(Aberdeen Street)へ移転。しかし第二次世界大戦の影響で崩壊してしまう…。

終戦後の1951年、中央書院があった場所に既婚の警察官の宿舎として「前荷李活道已婚警察宿舍(The Former Hollywood Road Police Married Quarters)」が建てられる。年月が過ぎ、2005年〜2007年、ここに住む警察官たちがすべて転出し、事実上の空き家に。

数年間の紆余曲折を経て…。改装工事が行われる。
そして2014年、「PMQ 元創方」がオープン。

PMQ。名前の由来は、Police Married Quartersの頭文字をとったものである。


開放時間内は自由に出入りできる

 PMQ HONG KONG
外観は学校のように見える。 

 PMQ HONG KONG
こちらが正面の入り口。

 PMQ HONG KONG
あみだくじ?的なラッパのオブジェ。

 PMQ HONG KONG
日めくりカレンダーよろしく綴じられたチラシ。


中へ入ってみよう

 PMQ HONG KONG
おしゃれなショップが並ぶ。

PMQ HONG KONG
ABCクッキングスタジオ。

 PMQ HONG KONG
階段もユニーク。

 PMQ HONG KONG
無印良品のギャラリー。

 PMQ HONG KONG
いわゆるオブジェ型の楽器である。内側を歩くと、人の動きに反応して音が鳴る。


PMQは7階(日本でいう8階)建て

 PMQ HONG KONG
 PMQ HONG KONG
上層階へあがる。下をぼんやり眺めるのもまた楽しい。

 PMQ HONG KONG
4階にある中庭。出身地、性別、住む家が何階か、などの質問に紐を通して作る「あやとり」。


PMQまとめ

ショップ、ギャラリー、カフェなどが混在する複合施設。出入りだけならもちろん無料。何時間いても飽きない場所だ。展示されているオブジェやギャラリーは定期的に入れ替えあり。期間限定のショップもあるので、Webでチェックしてから訪れるのがよいだろう。今後も注目のスポットだ。デートにオススメ!(笑)

PMQ 元創方

地下鉄 香港駅、中環駅(セントラル)、上環駅(ションワン)より徒歩10〜15分

入場:無料

開放時間:7:00-23:00

ショップなどの営業時間は各店により異なる